ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

公認心理師の資格取得を目指す方へ

公認心理師の資格取得ルートについて

公認心理師国家試験の受験資格を得るための条件を満たすには、公認心理師になるための必要な科目の単位を修得する必要があります。必要な科目の単位修得方法は、法施行日以降(放送大学の場合は2017年度第2学期以降)に大学に入学するか(通常ルート)、法施行日前日(放送大学の場合は2017年度第1学期)までに大学(大学院)に在学中、若しくは卒業(修了)しているか(経過措置ルート)によって異なります。
経過措置ルートについては、こちらをご覧ください。

公認心理師の国家試験受験資格取得方法(通常ルート)

2017年度第2学期以降に大学に入学する場合(通常ルート)

2017年度第2学期以降に大学に入学する場合は、【通常ルート】(A・Bルート)での受験資格取得方法となります。【通常ルート】で公認心理師の受験資格を満たすには、「法第7条第1号及び第2号の省令で定める科目」(必要な科目)の単位修得が必要です。

公認心理師の通常ルートにおける受験資格

「公認心理師法」で定められている公認心理師の通常ルートにおける受験資格は、以下の3つです。

  • A:法施行後に4年制大学で「大学における必要な科目」の単位を全て修得して卒業し、大学院で「大学院における必要な科目」の単位を全て修得して修了する
  • B:法施行後に4年制大学で「大学における必要な科目」の単位を全て修得して卒業し、省令で定めるプログラムを設けた施設で、心理関係の仕事に2年従事する
  • C:上記2つと同等以上の知識及び技能があると認定される(ただし、Cに該当の方は外国の大学における履修等を想定したものであり、本学は該当しません)

資格取得ルート図(通常ルート)

注意事項

  • 「必要な科目」を履修するだけでは受験資格を得ることはできません。当該大学及び大学院を卒業・修了する必要があります。
  • 不足科目だけを他大学の科目等履修生で修得し、合わせて受験資格に利用することはできません。
  • Aルートの放送大学大学院のカリキュラム開設は現在検討中であり、今後の対応については現時点では未定です。

通常ルートにおける「必要な科目」とは

注意事項

「必要な科目」は、大学では25科目、大学院では10科目の単位を全て修得する必要があります。
また、「必要な科目」は当該大学から文部科学省及び厚生労働省へ申請し、「国の確認」を受けている必要があります。「国の確認」を受けていない科目は公認心理師の受験資格取得に利用できません。

放送大学教養学部の対応科目について

注意事項

  • 24「心理演習」25「心理実習」を受講するには、選考試験があります(受講者定員30名)。
  • 受講希望者は、選考試験を受験する年度の第1学期までに「大学における必要な科目」16科目以上(科目番号1、2、3、14、15、16、23の7科目は必須科目)の単位を修得する必要があります。
  • 24「心理演習」25「心理実習」は、全科履修生のみ受講可能です。ただし、選考試験の受験時は、放送大学在学の有無は問わず、学籍が無くても受験可能です。学籍が無い場合や選科・科目履修生の場合は、選考試験に合格後の翌年度第1学期に全科履修生として再入学する必要があります。

24「心理演習」25「心理実習」の受講の流れについて

公認心理師対応カリキュラム履修上の注意点について

1.学部段階における科目履修の時期について

学部段階での公認心理師対応カリキュラムを修了するには、2017年度第2学期以降に全科履修生として入学し、「大学における必要な科目」の単位を全て修得して卒業する必要があります。

注意!

「大学における必要な科目」の単位を全て修得せずに卒業した場合、不足単位を科目履修生や選科履修生として履修するだけでは受験資格の要件を満たすことはできません。

2.カリキュラムの履修順について

公認心理師法には、「大学における必要な科目」を修めてから「大学院における必要な科目」を修めるという順番で記載されています。
大学院のカリキュラムを修了した後に学部のカリキュラムを修了するという順番では、受験資格を得ることはできませんので、ご注意ください。

3.放送大学を卒業し、全科履修生として他コースに再入学する場合

公認心理師の学部段階でのカリキュラムを修了するには、「大学における必要な科目」の単位を全て修得して卒業することが必要ですが、卒業する学部・コースは問われません。
たとえば、「心理と教育」コースを卒業している場合でも、全科履修生として他のコースに再入学し、「大学における必要な科目」の単位を全て修得して卒業すれば、要件を満たすことができます。
ただし再入学の場合には、以下の点にご注意ください。

  • 放送大学を卒業した方が全科履修生として再入学する場合は、3年次入学(学士入学)となり、修業年限は2年、在学年限は6年となります。
  • 卒業するためには、2016年度以降の卒業要件を満たし、かつ再入学するコースのコース科目(導入科目、専門科目、総合科目)から、新たに16単位以上(過去に修得した単位は含まれません)を修得する必要があります。
  • 再入学するコースのコース科目を、直近の卒業以降に科目履修生や選科履修生として単位修得した場合は、この16単位に算入されます。

注意

再入学するコースが「心理と教育」コースの場合、修業年限の2年を超えると、「大学における必要な科目」の単位を全て修得する前に卒業要件を満たして卒業となる可能性がありますので、注意が必要です。

4.放送大学で過去に修得した単位がある方

2018年度第2学期以前に修得した科目の科目名が、対応科目の科目名と開設年度までを含めて完全に一致する場合は「大学における必要な科目」として認められるため、再び修得する必要はありません。

「大学における必要な科目」として認められる科目(2018年度第2学期以前開設科目)

「心理学概論(’18)」、「心理学研究法(’14)」、「心理学実験1」、「心理学実験2」、「心理学実験3」、「発達心理学概論(’17)」、「人体の構造と機能(’18)」、「疾病の成立と回復促進(’17)」

注意①

「大学における必要な科目」として認められるのは、放送授業は開設年度までを含めて科目名が完全に一致する科目のみです。心理学実験の科目名には開設年度がありませんので、単位の修得時期は問われません。

注意②

「大学における必要な科目」として認められるには、「大学における必要な科目」の科目名と対応科目名が一致している必要があります(一部例外あり)。「大学における必要な科目」の21「人体の構造と機能及び疾病」の放送大学対応科目は、以下の2科目セットでの認定となるため、2019年度より副題を付けた科目名に変更しております。ただし、副題の有無に関わらず、同一の科目として扱われます。

  • 「人体の構造と機能(’18)」=「人体の構造と機能(’18)-人体の構造と機能及び疾病A-」
  • 「疾病の成立と回復促進(’17)」=「疾病の成立と回復促進(’17)-人体の構造と機能及び疾病B-」

放送大学のシステムWAKABAや、成績・単位修得証明書には副題が表示されませんが、公認心理師試験を受験する為に必要な「科目履修証明書」には、副題付きの科目名が表示されます。

5.放送大学に編入学する方

放送大学では、他大学で修得した単位について、科目ごとの読み替えは行っておりません。よって、入学後に「大学における必要な科目」の放送大学対応科目を新たに単位修得する必要があります。

放送大学で受講するメリット

実習先は放送大学が用意します

実習施設は、首都圏で放送大学が責任をもって用意します。

本部には宿泊施設があります

遠方にお住まいの方が24「心理演習」25「心理実習」を受講する場合、放送大学幕張本部敷地内にある安価な宿泊施設(セミナーハウス1泊2,200円~)の利用が可能です。

選べる学生の種類、学びやすい学費

  • 全科履修生のうち、1年次入学で他大学、短期大学等で既に修得した単位の認定を希望する方、2年次・3年次に編入学する方は、既修得単位認定審査等手数料10,000円が必要となります。

編入学で3年次入学した場合の卒業までに必要な学費例
(既修得単位認定62単位の場合)

既修得単位認定審査等手数料10,000円
+ 入学料(全科履修生)24,000円
+ 62単位×5,500円
+ 「心理演習」「心理実習」選考試験受験料30,000円(予定)
+ 「心理実習」実習費50,000円(予定)              = 455,000円

全科履修生として1年次から入学した場合の卒業までに必要な学費例
(1年次入学の場合、卒業に必要な124単位の修得が必要です)

入学料(全科履修生)24,000円
+ 124単位×5,500円
+ 「心理演習」「心理実習」選考試験受験料30,000円(予定)
+ 「心理実習」実習費50,000円(予定)              = 786,000円

メッセージ

大場 登 教授(放送大学専任教員・臨床心理士)

放送大学大学院に臨床心理学プログラムが開設されたのは2001年でした。2002年に50数倍の入試倍率の中、第1期生が入学、そして、大学院修了後1年間の心理臨床実務経験を経て、臨床心理士資格審査を受験。2006年4月に放送大学出身の臨床心理士が初めて誕生しました。
今回、この18年間の経験を活かし、そして、臨床心理学の教員だけでなく、心理学の先生方とも協力して、放送大学学部で公認心理師対応の道を歩み始めることとなりました。全国的にみてもそれぞれの分野で第一人者と見做される教授陣による質の高い放送授業、そして、臨床心理士養成で培った密度の濃い心理演習、本部教員自身による首都圏での責任ある実習引率指導。 臨床心理士と連携して、心理的困難・苦悩を抱えた方々としっかり向き合うことのできる公認心理師養成に向けて、放送大学は新たなスタートを切ります。

桜井 亮平(臨床心理学プログラム2011年修了・臨床心理士 川崎市こども未来局児童家庭支援・虐待対策室)

大学院臨床心理学プログラムの演習では、心理検査、箱庭療法、描画等の技法習得にとどまらず、心理的援助のために、技法をどのような姿勢で用いるのか、ということを学びました。実習では、クライエントと信頼関係を作りながら聴いていく面接の実際を肌で感じ、他の職種との連携の方法を学びました。私自身、学んだ内容を児童相談所、保健センター等で実践し、日々の臨床でとても役立っていると実感しています。この度開始される放送大学公認心理師カリキュラムにおいても、先生方の熱心なご指導で、心理的な援助のエッセンスを学ぶことができると思います。期待しています。

石川 裕子(教養学部2010年卒業・臨床心理学プログラム2013年修了・ 臨床心理士 埼玉医科大学かわごえクリニック)

私は放送大学学部卒業後、大学院臨床心理学プログラムを修了して臨床心理士資格を取得しました。学部で学んだことは、大学院進学の基礎となり、心理士の仕事をしている今もたいへん役立っています。学部・大学院を通じて、その道の第一人者である先生方が執筆された印刷教材は、レベルが高いにもかかわらず、とてもわかりやすく、時間が空いた時にはいつでも勉強できました。面接授業での演習・実習は、非常に濃く充実した内容で、先生方から直接、心理臨床の知見、エッセンス、心構えを伝授していただいたことは、心理臨床の仕事を続けていく上で、今なお私の大きな力となっています。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 授業科目案内(大学・大学院)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

幼保特例制度(平成32年まで)
「特例制度」を利用して幼稚園教諭免許状の取得を目指す

看護系科目でキャリアアップ
院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ