他大学・専門学校等との単位互換協定及び連携協力についてのお知らせ | 放送大学 - BSテレビ・ラジオで学ぶ通信制大学
ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業(調達関係)・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

企業(調達関係)・学校関係者の方へ

他大学・専門学校等との単位互換協定及び連携協力についてのお知らせ

放送大学と唐津ビジネスカレッジが連携協力の覚書を締結

放送大学(千葉県千葉市)と唐津ビジネスカレッジ(佐賀県唐津市)が、2021年度第1学期から連携協力を実施することになり、2021年1月15日に覚書調印式が唐津ビジネスカレッジにて行われた。

今回の覚書締結により、ダブルスクールを希望する生徒については、唐津ビジネスカレッジ入学と同時に放送大学の全科履修生としても入学し、放送大学卒業に必要な124単位のうち最大60単位について、唐津ビジネスカレッジ在学中の学習が放送大学の単位として認定されることとなる。

唐津ビジネスカレッジは2年制であるため、両学に同時に入学することで、最短で専修学校修了から2年後に放送大学も卒業し学士を取得することが可能となり、学生のスキルアップが期待されている。

調印式には、放送大学佐賀学習センターの滝澤所長(來生学長代理)、唐津ビジネスカレッジの今村校長が出席し、覚書を取り交わした後、今後の連携協力について意見交換を行った。

放送大学と連携協力の覚書を締結している専修学校は52校あり、唐津ビジネスカレッジは53校目となるが、佐賀県では初の連携協力校となる。ダブルスクールの形で放送大学を活用することによって、生徒の進路選択の幅も広がり、就職活動における機会拡大等にも寄与している。

署名後の覚書を掲げる放送大学佐賀学習センターの滝澤所長(左)と唐津ビジネスカレッジの今村校長(右)

左から、放送大学佐賀学習センターの市山教務主幹、西村事務長、滝澤所長、唐津ビジネスカレッジの今村校長、堀川副校長、下木事務長

放送大学と中部地区医師会立ぐしかわ看護専門学校が連携協力の覚書を締結

放送大学(千葉県千葉市)と中部地区医師会立ぐしかわ看護専門学校(沖縄県うるま市)が、2020年度第1学期から連携協力を実施することになり、2020年2月5日に覚書締結式がぐしかわ看護専門学校にて行われた。

今回の覚書締結により、ダブルスクールを希望する生徒については、ぐしかわ看護専門学校入学と同時に放送大学の全科履修生としても入学し、放送大学卒業に必要な124単位のうち最大60単位について、ぐしかわ看護専門学校在学中の学習が放送大学の単位として認定されることとなる。

ぐしかわ看護専門学校は3年制であるため、ぐしかわ看護専門学校生のうち希望者は、両学に同時に入学することで、最短で専修学校修了から一年後に放送大学も卒業し学士を取得することが可能となり、学生のスキルアップが期待されている。

締結式には、放送大学の來生学長、ぐしかわ看護専門学校の徳森学校長が出席し、それぞれ覚書に署名した後、今後の連携協力について意見交換を行った。

放送大学と連携協力の覚書を締結している専修学校は49校あり、今回で50校目、沖縄県では3校目となる。ダブルスクールの形で放送大学を活用することによって、生徒の進路選択の幅も広がり、就職活動における機会拡大等にも寄与している。

署名後の覚書を掲げる放送大学の來生学長(左)とぐしかわ看護専門学校の徳森学校長(右)

左から、放送大学沖縄学習センターの平良事務長、放送大学沖縄学習センターの富永所長、放送大学の來生学長、ぐしかわ看護専門学校の徳森学校長、中部地区医師会の玉城事務局長、ぐしかわ看護専門学校の宮城教務部長、ぐしかわ看護専門学校の仲村事務部長

放送大学と山口コ・メディカル学院が連携協力の覚書を締結

放送大学(千葉県千葉市)と山口コ・メディカル学院(山口県山口市)が、2020年度第1学期から連携協力を実施することになり、2019年12月20日に覚書調印式が山口コ・メディカル学院にて行われた。

今回の覚書締結により、ダブルスクールを希望する生徒については、山口コ・メディカル学院入学と同時に放送大学の全科履修生としても入学し、放送大学卒業に必要な124単位のうち最大60単位について、山口コ・メディカル学院在学中の学習が放送大学の単位として認定されることとなる。

山口コ・メディカル学院は4年制であるため、両学に同時に入学することで、山口コ・メディカル学院修了時に放送大学も卒業し学士を取得することが可能となり、学生のスキルアップが期待されている。

調印式には、放送大学の來生学長、山口コ・メディカル学院の石田校長が出席し、それぞれ覚書に署名した後、今後の連携協力について意見交換を行った。

放送大学と連携協力の覚書を締結している専修学校は48校あり、今回で49校目、山口県では2校目となる。ダブルスクールの形で放送大学を活用することによって、生徒の進路選択の幅も広がり、就職活動における機会拡大等にも寄与している。

署名後の覚書を掲げる山口コ・メディカル学院の石田校長(左)と放送大学の來生学長(右)

左から、山口コ・メディカル学院の小池参与、吉村副校長、学校法人山口コア学園の池田理事長、山口コ・メディカル学院の石田校長、放送大学の來生学長、放送大学山口学習センターの岡村所長、藪事務長

放送大学と青森大学が単位互換に関する協定を締結

放送大学(千葉県千葉市)と青森大学(青森県青森市)が、2019年度第2学期から単位互換を実施するにあたり、2019年7月23日に青森大学で単位互換協定締結式が行われた。

今回の協定締結により、青森大学の学生は、2019年度第2学期から特別聴講学生として放送大学の科目を履修することができる。特別聴講学生が放送大学で修得した科目を、青森大学は卒業要件の単位として認定することが可能となる。
締結式には、放送大学の來生学長、青森大学の金井学長らが出席し、それぞれ協定書に署名した後、今後の単位互換実施について展望を語った。

放送大学と単位互換協定を締結している大学及び短期大学等は、今回の青森大学を含め401校となり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

署名後の協定書を掲げる放送大学の來生学長(左)と青森大学の金井学長(右)

左から、放送大学青森学習センターの浅野所長、放送大学の來生学長、青森大学の金井学長、青森大学の宍戸学長補佐

放送大学と公立諏訪東京理科大学が単位互換に関する協定を締結

放送大学(千葉県千葉市)と公立諏訪東京理科大学(長野県茅野市)が、2019年度第2学期から単位互換を実施するにあたり、2019年3月6日に公立諏訪東京理科大学で単位互換協定締結式が行われた。

今回の協定締結により、公立諏訪東京理科大学の学生は、2019年度第2学期から特別聴講学生として、放送大学の科目を履修することができる。特別聴講学生が放送大学で修得した科目を、公立諏訪東京理科大学は卒業要件の単位として認定することが可能となる。
締結式には、放送大学の來生学長、公立諏訪東京理科大学の河村学長らが出席し、それぞれ協定書に署名した後、今後の単位互換実施について展望を語った。

現在、放送大学と単位互換協定を締結している大学及び短期大学等は399校あり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

署名後の協定書を掲げる放送大学來生学長(左)と公立諏訪東京理科大学河村学長(右)

放送大学と京都ノートルダム女子大学が単位互換協定を締結

放送大学(千葉県千葉市)と京都ノートルダム女子大学(京都市左京区)が、2018年度第1学期から単位互換を実施するにあたり、2018年2月27日に単位互換協定の締結式が京都ノートルダム女子大学で行われた。

今回の協定締結により、京都ノートルダム女子大学の学生は、2018年第1学期から特別聴講学生として、放送大学の科目を履修することができる。また、放送大学長は、当該学生に対して単位を授与し、京都ノートルダム女子大学長は、放送大学で修得した単位を卒業要件の単位として認定することが可能となる。 締結式には、放送大学の來生学長、京都ノートルダム女子大学の眞田学長らが出席し、それぞれ協定書に署名した後、今後の単位互換実施について意見交換を行った。

現在、放送大学と単位互換協定を締結している大学及び短期大学等は395校あり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

署名後の覚書を掲げる放送大学來生学長(左)と京都ノートルダム女子大学眞田学長(右)。

放送大学と森ノ宮医療大学が単位互換に関する協定を締結

放送大学(千葉県千葉市)と森ノ宮医療大学(大阪府大阪市)が、2018年度第1学期から単位互換を実施するにあたり、2018年1月18日に単位互換協定締結式が森ノ宮医療大学で行われた。

今回の協定締結により、森ノ宮医療大学の学生は、2018年第1学期から特別聴講学生として、放送大学の科目を履修することができる。また、放送大学長は、当該学生に対して単位を授与し、森ノ宮医療大学長は、放送大学で修得した単位を卒業要件の単位として認定することが可能となる。
締結式には、放送大学の來生学長、森ノ宮医療学園の清水理事長らが出席し、それぞれ協定書に署名した後、今後の単位互換実施について意見交換を行った。

現在、放送大学と単位互換協定を締結している大学及び短期大学等は394校あり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

署名後の協定書を掲げる森ノ宮医療学園清水理事長(中央左)と放送大学來生学長(中央右)

放送大学と東京メディカル・スポーツ専門学校が連携協力の覚書を締結

放送大学(千葉県千葉市)と東京メディカル・スポーツ専門学校(東京都江戸川区)が、2018年度第1学期より連携協力を実施することになり、2017年11月17日に覚書調印式が東京メディカル・スポーツ専門学校にて行われた。

今回の覚書締結により、新たに東京メディカル・スポーツ専門学校在学中に放送大学で修得した単位を、柔道整復師科及び鍼灸師科での単位として利用できるよう、現在カリキュラム申請中。なお、ダブルスクールを希望する学生については、専門学校の入学と同時に放送大学の全科履修生としても入学し、放送大学卒業に必要な124単位のうち最大60単位について、専門学校在学中の学習が放送大学の単位として認定されることとなる。また、ダブルスクールの場合、最短4年で学士の学位を取得することができるため、学生のスキルアップが期待されている。

調印式には、放送大学の來生学長、東京メディカル・スポーツ専門学校の関口校長が出席し、それぞれ覚書に署名した後、今後の連携協力について意見交換を行った。

現在、放送大学と連携協力の覚書を締結している専門学校は39校あるが、柔道整復師及び鍼灸師に関する専門学校と交わすのは全国で初めて。ダブルスクール等の形で活用することによって、学生の進路選択の幅が広がることから、学生の就職活動の機会の拡大等にも寄与している。

左から、東京メディカル・スポーツ専門学校柔道整復師科山田様、鳥海鍼灸師科学科長、藤田学生サービスセンターセンター長、野﨑柔道整復師科学科長、渡辺教務部長、関口学校長、松川事務局長、放送大学宮野千葉学習センター所長、來生学長、渡邉千葉学習センター事務長

放送大学と青森明の星短期大学が単位互換協定を締結

放送大学(千葉県千葉市)と青森明の星短期大学(青森県青森市)が、2017年度第2学期から単位互換を実施するにあたり、2017年10月4日に単位互換協定の締結式が青森明の星短期大学で行われた。

今回の協定締結により、青森明の星短期大学の学生は、2017年第2学期から特別聴講学生として、放送大学の科目を履修することができる。また、放送大学長は、当該学生に対して放送大学での履修を許可し、青森明の星短期大学長は、放送大学で修得した単位を卒業要件の単位として認定することが可能となる。
締結式には、放送大学の來生学長、青森明の星短期大学の石田学長らが出席し、それぞれ協定書に署名した後、今後の単位互換実施について意見交換を行った。

現在、放送大学と単位互換協定を締結している大学、大学院及び短期大学等は394校あり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

署名後の協定書を掲げる青森明の星短期大学石田学長(左)と放送大学來生学長(右)

放送大学と尚絅学院大学が単位互換に関する覚書を締結

放送大学(千葉県千葉市)と尚絅学院大学(宮城県名取市)が、2017年度第2学期から単位互換を実施するにあたり、2017年9月20日に単位互換に関する覚書の調印式が尚絅学院大学で行われた。

今回の覚書締結により、尚絅学院大学の学生は、2017年第2学期から特別聴講学生として、放送大学の科目を履修することができる。また、放送大学長は、当該学生に対して放送大学での履修を許可し、尚絅学院大学長は、放送大学で修得した単位を卒業要件の単位として認定することが可能となる。
調印式には、放送大学の來生学長、尚絅学院大学の合田学長が出席し、それぞれ覚書に署名した後、今後の単位互換実施について意見交換を行った。

現在、放送大学と単位互換協定を締結している大学及び短期大学等は394校あり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

署名後の覚書を掲げる尚絅学院大学合田学長(左)と放送大学來生学長(右)

放送大学大学院と佐久大学大学院が単位互換協定を締結

放送大学大学院(千葉県千葉市)と佐久大学大学院(長野県佐久市)が、2018年度第1学期から単位互換を実施するにあたり、2017年9月12日に単位互換協定の締結式が佐久大学で行われた。

今回の協定締結により、佐久大学大学院の学生は、2018年第1学期から特別聴講学生として、放送大学大学院の科目を履修することができる。また、放送大学長は、当該学生に対して放送大学での履修を許可し、佐久大学長は、放送大学大学院で修得した単位を修了要件の単位として認定することが可能となる。
締結式には、放送大学の來生学長、佐久大学の堀内学長らが出席し、それぞれ協定書に署名した後、今後の単位互換実施について意見交換を行った。

現在、放送大学と単位互換協定を締結している大学、大学院及び短期大学等は394校あり、他大学における教養教育の拡充に寄与している。

左から、佐久大学盛岡理事長、松下研究科長、堀内学長、放送大学來生学長、村上長野学習センター所長。

放送大学と浦添看護学校が連携協力の覚書を締結

放送大学(千葉県千葉市)と浦添看護学校(沖縄県浦添市)が、2018年度第1学期より連携協力に関する覚書を締結することになり、2017年8月8日に覚書調印式が浦添看護学校で行われた。

今回の覚書締結により、ダブルスクールを希望する学生については、専門学校の入学と同時に放送大学の全科履修生としても入学し、放送大学卒業に必要な124単位のうち最大60単位について、専門学校在学中の学習が放送大学の単位として認定されることとなる。専門学校卒業後には最短1年で学士の学位を取得することができるため、学生のスキルアップが期待されている。

調印式には、放送大学の來生学長、浦添看護学校の知念校長が出席し、それぞれ覚書に署名した後、今後の連携協力について意見交換を行った。

現在、放送大学と連携協力の覚書を締結している専門学校は38校あるが、沖縄の専門学校では初めて。ダブルスクール等の形で活用することによって、学生の進路選択の幅が広がることから、学生の就職活動の機会の拡大等にも寄与している。

署名後の覚書を掲げる浦添看護学校知念校長(左)と放送大学來生学長(右)

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 授業科目案内(大学・大学院)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close
  • 大学生になろう。
    放送大学で学ぼう。

    10代・20代の大学卒業を目指す方向けの特設サイト

  • 幼保特例制度(2025年まで)
    「特例制度」を利用して幼稚園教諭免許状の取得を目指す

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ